スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
タッキーの豊中での毎日
20061222211247.jpg

2006年12月19日に始めて会いました。
11kgほどの雄のビーグルです。

皮膚病の影響もあってか、顔にブルドックのようにシワが寄っており、
初めて会った時かなり高齢なのかと思っていました。
体からは発酵したようなニオイが立ち、全体に赤く、痒そうでした。
タオルで体を拭くと、「がるうぅぅ~」と唸って嫌がり、
手に噛み付くような仕草も見せていました。

20070105162049.jpg

私自身アトピー持ちで、小さい時には今よりもっと酷いかぶれに
毎日悩まされていました。体の一部でも痒ければストレスに
なるのに、体の広い範囲にかぶれがあれば、誰でもナーバスになります。
タッキーはそういうモヤモヤした気持ちをいつも抱えて暮らしていました。

ですので、ぱっと晴れやかな顔と言うのはあまり見せませんでした。
不用意に体を触るとイラッとして噛み付いてしまうこともごく稀ですがありました。

20070116174424.jpg

しかしどんな理由があろうが、人に噛み付いたり唸ったりすることは
家庭犬には許されません。
豊中では、ボランティアさんとの信頼関係が出来上がると唸る、噛み付くということを
させないように徐々にトレーニングを重ねていきました。

20061230130114.jpg

同時に通院をし、かぶれの改善も進めていきました。
週に二度ほどは薬浴をし、代謝の改善の為に散歩を長めに取らせる、
よく日光に当てる、刺激の多い新聞紙やペットシーツの変わりに、バリケンには
タオルを敷く、擦れが可哀想なので首輪や胴輪などは必要な時だけの装着にするなど、
特別待遇(?)を続け、徐々に赤みはマシに・・・。
それでも、改善は一進一退でした。
劇的な改善は期待できず、これからも継続的なケアを根気よく続ける必要があります。

20070110200729.jpg

タッキーは動物管理センターから引き出された犬のようです。
捨てられた原因も、この皮膚病にあるかもしれません。
しかし、タッキーは本当は人のそばが好きです。
私がサークルに入ると、一番に膝に乗ってきた日もありました。
本当は撫でてもらいたいに違いないと思います。

膝取り合戦は大抵一旦負けるのですが、諦めません。
そっと前足だけを膝に乗せておき、先客が居なくなるのを待ちます。
ココアなどは遊びたくなるとさっと立って行きますので、
その後をタッキーがGet。焦らないし、じっと待つことも得意です。

20070103095551.jpg

皮膚病に不衛生はよろしくないので食後早めに排泄に連れて行ってやりたいのは
山々なのですが、おとなしく待っていてくれるのでついつい後回しになりがちでした。
他の犬達が順に散歩に行き、順番待ちのタッキーは暇・・・そんなときタッキーは・・・・・・・・・・

寝ています(笑)。

「タッキーお待たせ~。起きて」と起こして連れ出すと、
道を渡った途端、多量にしーーーー。そこから植え込みを一つ経て大量うんっ(笑)。
散歩に呼ばれるまで、じっと我慢していたのです。
バリケンは汚しませんし、静かに待つことができます。

ツバサとは仲良しです。
一緒に散歩に出ると、引きの強いツバサにちょっと振り回されながら
楽しそうに歩きました。

20070115085811.jpg

他の犬とも仲良くできます。どの犬とも問題はあまり起こしませんが、
しかしかといって他の犬と仲良く元気に遊びまわる事はなく、
ビーグル軍団をデッキに出ていてもじっとしている事が多いかったです。

1月10日頃から、全頭にガッツリ躾を入れていきました。
ツバサはわんわん吠えまくり大将でしたので、厳しくしつけられた日がありました。
その後タッキーとツバサを同じサークルに入れて日光浴をさせていたのですが、
ショップの前を通った犬にタッキーが「わん、わん」と二声吠えた事に対して
ツバサが突然「こら!吠えんなよ!!」と指導していた姿には、一同大爆笑でした。

おもちゃは大好き!!です。
でも、執着は物凄くって、一旦自分が取ると、他の犬が寄ってきても渡してあげず、
唸って吠えて威嚇してしまいます。
これを改善するのはもう少しゆっくりやる他ありません。
このトレーニングは途中になってしまっています。

なぜかサークルよりもバリケンに居る時の方が落ち着いていた
タッキー。なぜかサークル内でじたばたとしている日もありました。

20070114092124.jpg

ココアと散歩にでた時、うろうろしてココアとトラブルになった
ときもありました。皮膚の状態が悪い時は、ちょっとイライラしている
様子も見られました。

20070114084920.jpg

サークルで6頭一緒の生活をするようになり、排泄を自由にできるようになりましたが、
トイレを理解するまで、他の犬より少し時間がかかりました。
私が最後に会った1月26日には、大体できるようになっていました。

20070116182730.jpg

無駄吠えはほどんどありません。
トイレの躾はもう少しです。

20070123113959.jpg

散歩時の引っ張りはほどんどありません。
皮膚病は気長に対処が必要です。
痛痒い状態が続く為、他の犬が不用意にぶつかってきたり
人がぱっと触ると吠えたり噛んだりしてしまうことがあります。
おもちゃへの執着は結構強いです。
はしゃぐ事は少なく、ほとんどの時間を落ち着いて
大人しく過ごします。
人が好きで、近くに居たがります。お膝も好きです。
大人しく待つことが得意です。
バリケンは特に嫌いではないです。

タッキーが素敵な里親さんにめぐり合えますように

20070116141451.jpg



スポンサーサイト
【2007/03/10】 タッキー | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。