スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
里親希望者(2)
以前の記事からずいぶん放置してしまいました。

デールが死んでから1年以上経ちましたね…。

私は、エアデールテリアという犬種のことを
まったくと言っていいほど知りませんでした。豊中でエルをはじめて見て、
あの痩せ細ったエアが「普通」なんだと思ったほどに。
デールのことも、特に注目していませんでした。

けれど豊中には、DPの時から犬達のお世話をしていた
ボランティアさんが何人も来て下さっていたので、その方達から
デールのことも聞いていました。

2007年の年始。
デールには有力な里親候補がいたと聞いています。ほぼ決まりかけていたと。
しかし、なぜかそのご縁は結ばれず、デールは2007年1月28日の
譲渡会にエントリされていました。
その後、かの団体の事務所で、身体的健康は取り戻しつつあると
HP上では報じられていました。

2007年8月末。
何があったかはわかりません。
しかしデールはライブとともに、飲んではいけないものを口にし、
苦しんで…その後わずか2日で、死んでしまいました。

この件に関わった方は、かの団体の人だろうとも、
きっと傷ついて、苦しんだと思います。
デールを幸せに導いてやる事ができなかった事を悔いて。

デールには、里子として引き取られ、幸せになる可能性が
確かにあった。
けれどそのご縁は、人間の都合で何度か、不自然に断ち切られた。
それは、取り返しが付かない、デールへの裏切りだと思います。

譲渡を急ぐ事には、賛成できません。
けれど、可能性のあるご縁にあたっては、「タイムリー」に「全力」で
あたるべきだと思います。



デールとともに、1月28日の譲渡会にエントリされていたコンブ。
実は、コンブにもご縁がありました。
前年12月から、かの団体に申し込み、1月半ばにはほぼ決まりかけていた…

しかし突然、当時広報担当だったSさんから電話連絡を受け、
コンブが体調不良でエントリが中止になったと聞かされたそうです。

候補さんは、コンブがほぼ決まりかけていたので、
家族でコンブを向かえる準備をしていました。
残念に思ったけれど、「そうですか」と話を切りあげようとしたとき、Sさんは
「極秘ですが…」と別のゴールデンの話をしだしたそうです。

そのゴールデンは、1歳から7~8歳まで4頭で、「新たなレスキュー対象に
なっているから、保護したら引き取らないか」という話だったそうです。

後からよくHPを見てみても、そのようなゴールデンの存在は、
明らかになりません。

では、あのときSさんがした話は、なんだったのだろう…?

そして、その電話が来た頃というのは、28日のほんの少し前。
その候補さんには体調不良を理由に断り、存在のはっきりしない別の犬を
薦めておきながら、譲渡会にはコンブを出す…。

わかりません。どうしてこうなるのでしょう…。
そんな嘘をついてまで、コンブをどうしようとしたのでしょう。

その後、コンブはどこかの家庭に引き取られたと報じられています。

生きてあそこを出ることができた。
それだけでも良かったのでしょう。
今日も幸せでいると思うと、あの時嘘をつかれて断られた候補さんも
良かったと思ってると思います。




スポンサーサイト
【2008/09/19】 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「郷土を守る市長声明」を支持します。
2007年10月2日に滋賀県高島市海東市長から出された声明に
敬意を表します。
遅まきながら投稿したコメントの控えです。
*文字数制限のため、実際のコメントはもっと短い物となりました。


-----------------



滋賀県高島市長 海東英和様、始めまして。

このたびの伊井・酒波地区の混乱、突然の事でさぞかし戸惑い、
困惑されていらっしゃることでしょう。

私は動物が、人・町・国・自然や、公共・モラルと、有益かつ合理的に
共存することを心から望む者です。
そのために、自分の生活を数歩譲り、動物たちに新鮮なポジションを
提供することに、吝かではありません。

しかし、このたびの騒動は、およそその理想の欠片さえも含まず、
私は「郷土を守る市長声明」に全面的に賛同いたします。

彼らは、人・町・国を敵に回して戦い、公共を無視し、モラルを踏み潰し、
自然を無いものとして、ただ「犬の為」という建前を掲げて
前進し続けています。
そこに共存という思いやりの思想は存在せず、ただただ、
戦争と同じ位に、無益で不合理で残酷なモンスターとして、
彼らだけの理想の為に行動しようとしています。

その理想が、人々の少しの譲歩で成り立つならば、それも片目をつぶって
見逃しても、そこに利があることもあるかもしれません。

しかしこのたびの騒動で、伊井・酒波地区のみなさんが奪われるのは、
先祖から子々孫々まで連綿と続く歴史であり、現世代を含む、
生活の全てです。
数歩の譲歩などという悠長な物とは桁が違います。

それらの犠牲の上に成り立つような、彼らの独善的な理想を、なぜ
支持し、信じることができましょうか。

私の住む町にこれらの問題が立ち上がったならば、私は
全力で抵抗します。この問題は対岸の火事などでは決してなく、
私も我が事のように考え、協力を惜しむ物ではありません。

これから伊井・酒波地区は刻一刻と冬に向うと思いますが、
お体ご自愛ください。この問題が一秒でも早く消え去り、
元の静かな生活が戻ってくることを切にお祈り申し上げます。





【2007/10/05】 情報 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
里親希望者(1)
里親を希望してかの団体さまに問い合わせをし、
その返答が事実と辻褄が合っていないという情報が
いくつか寄せられています。

私が注目したのは2件で

1件はかなり以前のお話であり、
今更とやかく言う必要を感じなかったため、
胸に留めおいておりました。
しかしこのほど、
情報としては公開すべきかと考え至りましたので、
次回の記事で書きたいと思います。


もう1件は直近のお話ですので、あいまいにならないうちに
公開させていただきます。



昨夜、友人Y(ネット環境にはなく、DP以外の複雑な問題には
特段の注目はしていない愛犬家さんです)に、
デールが逝ったという話をしたところ、幽霊を見たように
驚くので、詳しく話を聞きました。

***

Iさん(Yのご近所の方)は、以前エアデールテリアを
飼っていたそうです。
再び犬が飼いたかったが、自分の年齢を考えると、
その犬を最期まで看取る保証が無いため、諦めていらっしゃった。

Yはその事を聞き、子犬を買うのではなく、
成犬の家族になる方法もあると薦めた。


(これが今年の春ごろの話です。
里親が決まっていたらしいデールが、再びエントリされた頃でしょうか)

Yは、Iさんが元エアデール飼いだったし、
お子さんが独立した専業主婦だったので、デールを任せられると考え、
デールのことを話しました。

数ヶ月考えた末、Iさんはかの団体さまに電話をしました。
しかし、断られたそうです。「現在はエントリーが中止になりました」と。
電話をした日はなんと…
2007年9月4日(火曜日)だったそうです。


***

以下、Iさんから直接聞き取った内容です。


◆9/4 

(1)昼頃、最初の電話。
対応したのは感じの良い女性。

言った内容
・犬の譲渡を希望している
・エアデールテリアが居るかどうか


言われた内容
・ボランティアなのでわからない
・詳しい人は今、病院に行っている
・夜に改めてほしい



(2)夜、二度目の電話。
対応したのはやや無愛想な女性。

言った内容
・自分の名前
・犬の譲渡を希望している
・以前エアデールを飼育しており、すでに死亡した
・エアデールは居るかどうか
・エアデールが居ると友人から聞いて電話した
・(エントリ中止という事は)エアデールは里子に出たのか
・HPはどうやって見たらいいのか



言われた内容
・エアデールは居ない(初め)
・エアデールはエントリ中止になった(「居ると聞いた」と言った後)
・(エントリ中止といっても)里子に出たのではない
・エアデールは難しい犬種で、性格は一頭一頭違うので、
飼育経験者にも譲渡できない
・HPを見てほしい
・HPは「アークエンジェルズ」を検索して見てほしい


***

上記間違いないとのことでしたが、
以下、私がIさんに念押しして聞いた内容です。


・誰と話したか。
Iさんが名乗った時、相手は名前を言ったか
誰かはわからない。名乗らなかった。

・会話はスムーズに行われたか
自分が名乗った後、「エアデールを以前飼ってて…」と
話し出した途端、相手がしばらく無言になった。


・Iさんが犬を亡くしたことに対して、労わりの言葉等あったか
なかった。相槌もなく、相手は黙っていた。

・他の犬などの話はされたか。
されなかった。HPを見る方法を聞いた時には
早く電話を切りたそうだった。


・その時すでにデールが逝って9日経っていたが、
そんな様子はあったか。
なかった。
まだ普通に生きているという風にしか取れなかった。



***



以上、備忘録としての更新です。

Iさんはとても胸を痛めてらっしゃいました。



【2007/09/08】 情報 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
二つの原因不明の死
ブログ「サクラの飼い主の今日のなにがし」にて

関係者と思われる方よりのコメントが発表になりましたので、
記録しておきます。
情報が少ない中での予備的な更新です。

かの団体様よりの正式なコメントを、心よりお待ち申し上げております。*



Posted by あかり 2007年09月06日 23:56
デールの為に何をしましたか?
デールが苦しいときなにをしたのですか?
今までデールの為に何をしましたか?
デールを本当に救いたいと思ったら、里親さんに名乗るのが本当ではないですか?反AAだからという理由ではなく。本当にデールの事を思うのであれば・・・
でもそんな事せず、ただネットの中で正義感振りかざして騒ぐだけ騒ぐだけで・・・何もしていないではないですか?????
これが本当にデールのためだったの?デールのチャンスをだだつぶしただけではないんですか?
あなたを許さない!!!
なにもせずただネットの中だけで正義感を振りかざす貴方を!!!!!本当に思うのであれば、デールを本当に救いたいと思ったのならば、ここで騒がないで
デールを殺したのは、貴方みたいな姑息な人たち!!!!
デールに謝って


<原文まま>



*
この記事のUP直後に、かの団体様より、正式発表がありました。



重い口を開いて、「死亡を」報告していただきまして
ありがとうございます。

一頭一頭隔離をして管理している犬2頭が、
同時に発病し、同じ「急性多臓器不全」 で逝ったのでしょうか。

事実であれば重大なエアゾル感染などの経路が考えられます。

あかりさんの主張である、手も触れることができなかったいちボランティアさんが
「デールの死の原因である」かどうかという事も、分析されたのでしょうか。


私たちが持っている情報では誤飲による死として原因がはっきりしていましたが、
公式発表にて、原因が不明となってしまい、
問題が広がってしまいました。

発表を経ても、謎が残ることになりました。



【2007/09/07】 情報 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
デール・ライブ 過失致死事件 詳細
広島で新しい新しい家族を待ってますサイトにて
デール・ライブ過失致死傷事件の詳細がUPされました。

広島広報支援の会の皆さん、いつもお世話になっております。


かの団体さまのサイトにて里親募集情報が更新されました。


どうして、保護していた団体よりも先に、
広島広報支援の会さんがUPする状態になるのか、理解に苦しみます。



お願いします。
ライブが危篤の今はそちらのほうに力が入るのは
当然だと理解しますが…
*
デールのお弔いは、十分にしていただきましたでしょうか?

誰にも看取られずに逝ったデールに対するお気持ちが
少しでもあるのでしたら、
過ちを認め、反省すべきは反省し、
真実を自らの口で、公表して下さい。

もう詳細は出ていますので、重複でかまいません。

貴方がたの犬に対するお気持ちは、信じます。
だから、
どうかどうか、お願いします。




*
この記事のUP直後にLa rondeさまブログにて
ライブの死亡の記事を拝見しました。

…人として…
ご自分の過失とはいえ…
愛犬を失ったご夫妻には、人として、お悔やみ申し上げます。
お辛いことと思います。

その辛さ…
デールを思う人たちと同じ悲しみです。

どうか、わかってください。
そして一刻も早く、過ちは認めて、公表を…

伏して、
宜しくお願い申し上げます。



【2007/09/05】 情報 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。