スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
夢で繰り返す
あまりセンチメンタルな記事を書きたくないのですが、ちょっとだけ吐露させてください。

一年前の今日、いつも通り朝、犬たちを散歩させてから、急いでいった仕事中に、
私の携帯電話に連絡が入りました。
「犬たちが差し押さえられる!」と…。

居ても立っても堪らず、手元の仕事を切り上げ、今日の予定を後日に変更して
慌ててスタンバイに向かいました。

スタンバイの戸口に、数人の男女…。
揃いのつなぎを着ていました。代表のH氏も居ました。
若い1人の女性は、ガラス越しに店内を覗き、不安げにしていましたが、
その他の方たちは…

ニヤニヤ笑っていました。

『NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ』さま
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-46.html

ここで公開されている写真と同じように。


結果的にアルフ、ばっちゃん、つばさ、タッキーが外に連れ出され、
白っぽいワゴン車に乗せられ、私達の手の届かないところに連れて行かれました。
とても辛かったです。



↑再生すると音声が出ますのでご注意ください。


一年の間、その日のことは繰り返し夢に見ました。
夢の中で私は、話し込むオーナーと執行官を横目で見ながら
「どうにかして、この店からあの子とこの子を連れ出さないと…
あ、あの子も連れ出せるかもしれない…」と考えに考えて
犬を抱いて執行官の横をすり抜けようとするのです。


その夢の内容が、2007年10月以降、変わりました。


私は夢の中で執行官と取引しようと、必死で交渉するのです。
でも最後まで執行官は私の取引に応じることはありません。
最後には私は「お願いします。つばさだけは連れて行かないでーー!」と
泣いて叫んでしまいます。
たいていはそこで泣きながら目覚めます。

「つばさだけは、つばさだけは!」と泣いて頼む、夢の中の私…。





つばさの情報は相変わらずありません。
彼の団体内部でも本当のところ、わかってないのかもしれません。

私や友人が盗んだという噂もありますが、誓ってそれはありません。
それにもし私がつばさを盗みに入ったとしたら、
隣にいたタッキーも一緒に盗みます。

それに、この国の明確な法律で保全されている犬を
その法に逆らって奪うことは、正しいこととは思えません。
裁判の進捗状況も把握していますので、負けるとは思えませんでしたし、
それに
そんな裁判の結果云々はとりあえず、犬たちには関係ないと思います。

たとえこの裁判で、犬たちが彼の団体の『所有物』という判決が
出たとしても、結果として暖かい里親さんに迎えてもらうなら、
それでも良いのです。

アルフ…
今頃どうしてるのでしょうか。

都島の事務所に保全されているはずですから、都島の事務所からは
「基本的に」移せません。
しかし、彼の団体の元のスタッフさんが大切に可愛がっていらっしゃるなら
とても嬉しいです。
どうか一生可愛がってあげてください。

ばっちゃん…
まだあの病院の冷たい犬舎の中です。
今頃は小さく丸まって寝ているのでしょうか…

ばっちゃんはもう年です。
病院なので、きちんとした栄養管理はできているかもしれませんが
運動などは、一般家庭並みにできるはずも無いでしょう…
保全が解かれたとき、果たして彼女は、
身体的に健やかで居られるのでしょうか?

少なくとも、DPでボランティアさんたちがしてくださったような
豊中でしようとしたような、心のケアが無ければ
ばっちゃんはもう人を信じないでしょう…
残酷です。


タッキー…
皮膚の状態は最悪だと聞きました。
彼はまだ、いつもと同じように辛抱強く、人のことを信じて
お散歩に連れ出してくれる手を待っているんでしょうか…?
その思いは報われるのでしょうか。
早く、皮膚のケア、心のケアをしてもらえる環境を
与えてやりたいです。


つばさ。
豊中に来たときは皮膚の状態が悪かったです。
でも日に日に良くなり、たった一ヶ月あまりでほとんど問題ない
状態まで回復しました。
目も悪くありませんでした。
それなのに、保全されている間に、またも病気に…

今はどこに居るんでしょう。
優しい人が拾ってくださって、「このままひっそりうちに…」と
飼って下さってると思いたい。

居なくなってもう5ヶ月近く経ちます。
いろんな方から、「似た犬が居る」という連絡を貰うたび、
スタンバイオーナーや元のボランティアさんたちが駆けつけ、
確認してきました。警察にも何度も足を運んでらっしゃいます。
「違う」とわかった瞬間、落胆。
同時に「この子はこのあとどういう目にあうんだろう…」と
考えると、ボランティアさんはみんな「もうこのまま引き取る!」と
言いそうになるのです。





べべ、ポッキー、ココア、コン、ペティ、チャーリー、ナッツ、クロ
ソラ、エル、セン、ブラン、リーナ、レモンはそれぞれ
一般家庭に引き取られました。

それぞれの家庭で、めちゃくちゃに可愛がられて、
溌剌とやんちゃな子になって暮らしています。
どの子もみんな外見が変わりました。
元ボランティアさんが出会っても気が付けるかな?ってくらい。

そしてそれ以上に心が変わりました。
みんな明るく、人懐こく、溌剌で、
時に叱られるのもわかっていても、思い切った
大胆なイタズラもできるようになりました。



もう里親さんの下に行ってから一年以上。

彼の団体よりも、豊中よりも長く長く、里親さんの下にいます。
もう完全な家族です。



スポンサーサイト
【2008/01/26】 つばさ | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
つばさを探して下さい
現在裁判のため、某所に保全されている
オスのビーグル犬が行方不明になっています。

名前はツバサです。

20070116092152.jpg


20061231150743.jpg
真ん中の犬です。

20070103100147.jpg


20061220103531.jpg


20070115085811.jpg
奥の犬です

詳しくは↓
所有権確認請求事件 -経過報告ブログ-

広島で新しい家族を待ってます


半年以上会っていません…体形や表情は変わっているかもしれません。
以前は人が好きでしたが、今はどうかわかりません。

以前は、サークルのスライド錠程度のものは上手に開けていましたが
もしかしたらもっと鍵開けがうまくなっているのでしょうか…。

わんわんわんわん、いつまでも自己主張してたうざいつばさ…
みんなが寝てからも、リーダーらしく一人で起きて
しっかりこっちを見てたつばさ…
私のひざにへそ天で甘えてきた可愛いつばさ…

どなたか優しい方に、フードをもらっている事を祈ります。



*写真につきましては、この件に関する限り、どなた様も
ご自由に使って下さい。
どうぞ宜しくお願いします。



【2007/10/10】 つばさ | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
つばさの豊中での生活報告
20070103100140.jpg

2006年12月19日に始めて会いました。
10.5kgほどの雄のビーグルです。

はじめて会った時、去勢手術からまだ間無しの頃だったのか、
大きなカラーを付けた状態でした。
体は非常に臭っており、清拭だけでは解消しませんでした。
会った日から「元気な犬だな~」と思うほど、元気いっぱいで、
バリケンに閉じ込めておくことを、ひときわ気の毒に思いました。

20061220103531.jpg

タッキーと同じく体が痒いようで、赤みのある体をしきりに掻いていました。
が、通院し、処方されたシャンプーを使い、生活を清潔に保つことで、
豊中に来てしばらくですっかり回復しました。

一ヶ月も経つと「若頭」と呼ばれることになるつばさですが、
初めは不安いっぱいだったのでしょう…ボランティアさんに
全身で甘えてる姿をよく見ました。

20061220104835.jpg

バリケンに入れていると「かまって!」とわんわん吠える声は
やたら大きく(´∀`;)、アルフと一・二番争う「かまって欲しい子ちゃん」でした。
たまに私が根負けして、VIP待遇でショップのフロアでの
お遊び時間を(内緒で)設けてやったりしてました( ̄3 ̄)bヒミツ。

20061231150743.jpg

つばさは滅多にバリケンを汚しません。散歩の時まで我慢して
良い子で待っています。ま、つばさは「早くしろよ~ぐず!!」って
文句は多いですが…(`▽´;)。

デッキに出している時でも、外を通る人にわんわん、
一緒に遊んでるビーグルズにわんわん…興味のあること全部に
反応し、反応すると自然と「わんわん」と言ってしまう・・・まさに
パブロフ(笑)。

20070103100043.jpg

サークルも嫌いで、自由に外で遊びたい気持ちが大きいです。
柵を飛び越えようとびょんびょんジャンプしまくります。
しまいに、助走を付けて柵を飛び越えて、自力でお散歩に出てしまいそうに
なる始末…助走禁止!!(´д`)
デッキの中のパラソルの配置を変えたりしました…。
つばさの周りにいる人は、一時も気が休まりません…。

20070103100147.jpg

とりわけポッキーとは仲が悪く、17頭のリーダー格になれないつばさとポッキーは、
若頭の地位を取り合って、顔を合わせたらちょっかい合戦⇒喧嘩になります…
しかし、つばさから喧嘩を仕掛けることは無いように思いました。
吹っかけられやすい犬のようです(苦笑)。
後にバリケンを撤去してサークル生活になるのですが、
しつけと相性などを考えて、ポッキーは団体生活(ビーグルズ)をしないで、
そちらの群れはつばさに任されることになりました。

20070123095217.jpg

タッキーとはとても仲が良かったです。

20070115085811.jpg

2007年1月10日頃から、無駄吠えをなくす訓練をしていました。
「吠えても良い事は無い」と理解できるまで、本気で教えました。
すると、てきめんでした。
理解すると、全くと言って良いほど、吠えませんでした。サークル内で、
隣にいたタッキーが「わん、わん」と二声吠えた事に対して「こら!吠えんなよ!!」と
指導していた姿には、一同大爆笑でした。

続けて、バリケンの扉が開いていても飛び出さない練習。
これも「ノー」を理解すると早かったです。
この訓練中も、他の犬が吠えたりすると鋭い視線で睨んでいて、
訓練に協力してくれているようでした(笑)。

その後、バリケンを撤去して、サークル生活になりました。
つばさは、ビーグルズ+アルフサークルの若頭になり、堂々と(?)
群れを仕切っていました。
そのちびっ子たちサークルのなかで、一番起きている時間が長かったです。
ある晩、仕事あがりでショップに顔を出すと、みんなが寝ていても、一人立って
こちらを見つめている事がありました。
「今日、見張りの当番?(笑)」と話しかけて、撫でてやると
さっと転がっておなかを見せ、「なでて」と催促しました。

強そうに吠えてリーダーになったとしても、人が好きで、人を信じていました。
ものすごく厳しいしつけをしたにもかかわらず…です。
それがとても印象的でした。

20070117130805.jpg

サークルで生活をしだしてから、少しづつ小慣れてきたのか、
吠えることがちょこっとありました。その度にずんずん叱られて
いましたが、相変わらず人間大好き!です。

豊中に来たときに煩っていた皮膚も、すっかり回復しました。
トイレは散歩まで待つことができます。バリケンを汚しません。
ショップにいる間を通じて、おなかの調子はよく、良い便をしていました。
無駄吠えはちょっとあります。自由を制限されている状態で、
外に興味のあることがあると、つい吠えてしまいます。
しかし、コンスタントに躾をしていけば、無くなると思います。
散歩時の引っ張りは強いです。物への執着や頑固な面は余りありません。
囲いをジャンプで飛び越えたり、囲いを持ち上げてくぐったり、
鍵を取ってしまったりして、脱走することもあります。
頭がよく、力も強いです。
じっとお昼寝などしているよりも、うろうろと興味のままに行動するのが好きです。

つばさが、一刻も早く、新しい素敵な家族のところに行ける事を願っています。

20070116092152.jpg



【2007/05/28】 つばさ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。