スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
夢で繰り返す
あまりセンチメンタルな記事を書きたくないのですが、ちょっとだけ吐露させてください。

一年前の今日、いつも通り朝、犬たちを散歩させてから、急いでいった仕事中に、
私の携帯電話に連絡が入りました。
「犬たちが差し押さえられる!」と…。

居ても立っても堪らず、手元の仕事を切り上げ、今日の予定を後日に変更して
慌ててスタンバイに向かいました。

スタンバイの戸口に、数人の男女…。
揃いのつなぎを着ていました。代表のH氏も居ました。
若い1人の女性は、ガラス越しに店内を覗き、不安げにしていましたが、
その他の方たちは…

ニヤニヤ笑っていました。

『NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ』さま
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-46.html

ここで公開されている写真と同じように。


結果的にアルフ、ばっちゃん、つばさ、タッキーが外に連れ出され、
白っぽいワゴン車に乗せられ、私達の手の届かないところに連れて行かれました。
とても辛かったです。



↑再生すると音声が出ますのでご注意ください。


一年の間、その日のことは繰り返し夢に見ました。
夢の中で私は、話し込むオーナーと執行官を横目で見ながら
「どうにかして、この店からあの子とこの子を連れ出さないと…
あ、あの子も連れ出せるかもしれない…」と考えに考えて
犬を抱いて執行官の横をすり抜けようとするのです。


その夢の内容が、2007年10月以降、変わりました。


私は夢の中で執行官と取引しようと、必死で交渉するのです。
でも最後まで執行官は私の取引に応じることはありません。
最後には私は「お願いします。つばさだけは連れて行かないでーー!」と
泣いて叫んでしまいます。
たいていはそこで泣きながら目覚めます。

「つばさだけは、つばさだけは!」と泣いて頼む、夢の中の私…。





つばさの情報は相変わらずありません。
彼の団体内部でも本当のところ、わかってないのかもしれません。

私や友人が盗んだという噂もありますが、誓ってそれはありません。
それにもし私がつばさを盗みに入ったとしたら、
隣にいたタッキーも一緒に盗みます。

それに、この国の明確な法律で保全されている犬を
その法に逆らって奪うことは、正しいこととは思えません。
裁判の進捗状況も把握していますので、負けるとは思えませんでしたし、
それに
そんな裁判の結果云々はとりあえず、犬たちには関係ないと思います。

たとえこの裁判で、犬たちが彼の団体の『所有物』という判決が
出たとしても、結果として暖かい里親さんに迎えてもらうなら、
それでも良いのです。

アルフ…
今頃どうしてるのでしょうか。

都島の事務所に保全されているはずですから、都島の事務所からは
「基本的に」移せません。
しかし、彼の団体の元のスタッフさんが大切に可愛がっていらっしゃるなら
とても嬉しいです。
どうか一生可愛がってあげてください。

ばっちゃん…
まだあの病院の冷たい犬舎の中です。
今頃は小さく丸まって寝ているのでしょうか…

ばっちゃんはもう年です。
病院なので、きちんとした栄養管理はできているかもしれませんが
運動などは、一般家庭並みにできるはずも無いでしょう…
保全が解かれたとき、果たして彼女は、
身体的に健やかで居られるのでしょうか?

少なくとも、DPでボランティアさんたちがしてくださったような
豊中でしようとしたような、心のケアが無ければ
ばっちゃんはもう人を信じないでしょう…
残酷です。


タッキー…
皮膚の状態は最悪だと聞きました。
彼はまだ、いつもと同じように辛抱強く、人のことを信じて
お散歩に連れ出してくれる手を待っているんでしょうか…?
その思いは報われるのでしょうか。
早く、皮膚のケア、心のケアをしてもらえる環境を
与えてやりたいです。


つばさ。
豊中に来たときは皮膚の状態が悪かったです。
でも日に日に良くなり、たった一ヶ月あまりでほとんど問題ない
状態まで回復しました。
目も悪くありませんでした。
それなのに、保全されている間に、またも病気に…

今はどこに居るんでしょう。
優しい人が拾ってくださって、「このままひっそりうちに…」と
飼って下さってると思いたい。

居なくなってもう5ヶ月近く経ちます。
いろんな方から、「似た犬が居る」という連絡を貰うたび、
スタンバイオーナーや元のボランティアさんたちが駆けつけ、
確認してきました。警察にも何度も足を運んでらっしゃいます。
「違う」とわかった瞬間、落胆。
同時に「この子はこのあとどういう目にあうんだろう…」と
考えると、ボランティアさんはみんな「もうこのまま引き取る!」と
言いそうになるのです。





べべ、ポッキー、ココア、コン、ペティ、チャーリー、ナッツ、クロ
ソラ、エル、セン、ブラン、リーナ、レモンはそれぞれ
一般家庭に引き取られました。

それぞれの家庭で、めちゃくちゃに可愛がられて、
溌剌とやんちゃな子になって暮らしています。
どの子もみんな外見が変わりました。
元ボランティアさんが出会っても気が付けるかな?ってくらい。

そしてそれ以上に心が変わりました。
みんな明るく、人懐こく、溌剌で、
時に叱られるのもわかっていても、思い切った
大胆なイタズラもできるようになりました。



もう里親さんの下に行ってから一年以上。

彼の団体よりも、豊中よりも長く長く、里親さんの下にいます。
もう完全な家族です。



スポンサーサイト
【2008/01/26】 つばさ | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
所有権確認等請求訴訟は、高裁へ
所有権確認等請求訴訟の簡易裁判所での判決から13日目に
原告の控訴が行われました。

裁判は第二審の高等裁判所へ進みます。


【2008/01/09】 裁判 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。