FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
証言内容2~広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第18回
広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第18回
平成19年(ワ)第1904・4279号
2009年8月28日(金)13時30分より 808号法廷



証言内容2

最初の証人は元広島支部長のY氏だったのですが、
まとめるのにかなり時間がかかりそうなので
便宜上順番を入れ替えています。
税理士F氏は、この日の二人目の証人です。

●原告側証人F税理士
反対尋問(被告代理人→証人)

被告代理人(以下、被弁):ちょっとだけ伺いますね。あのーまずこの件、
今回のね、(聞取り不能)時に、僕ともう一人橋口という弁護士とで、
代表氏と

F:発表の時に。

被弁:発表の前に。あのー、お願いしますというたぶん、行ったと
思うんですけど

F:事務所に………

被弁:事務所まで行ったんですよ。覚えておられませんか。

F:三人来られましたっけね?

被弁:はい。

F:そうでしたっけ。僕は林さんだけやって…

被弁:あの、二階の広―いこう…テーブルのところで…

F:ああ…そうでしたっけ、ええ…

被弁:お話しさせていただいて。で、まぁ…マスコミとかにも発表しないと
いけないしっていう趣旨をね一応お伝えして…

F:聞きました。

被弁:そうですね。

F;はい。

被弁:で、こういう経理書類をお願いしますと頼んだと思うんですけど。

F:はい。

被弁:で、先ほど、資料の点について、資料。原資料。

F:はい。

被弁:原資料についておっしゃってたんですけど、これはえっと都島の
代表氏の事務所、に行かれたんですね。

F:そうです。

被弁:そういうことですね。そこでこう、いっぱいある領収証で
あるとか、後、通帳であるとか、そういうの全部原資料を、ま、
預かりなりそこで打ち込むなり。

F:うちはね、預かりはほとんどしないです。もう、お得意先の
とこに行って得意先で全部仕事をする。それをうちは前提を
してますので。という形です。

被弁:はい。わかりました。確認なんですが、乙6を示します。
この数字というのは、領収書なりえー、いろんな原資料を
すべて逐一打ち込んだと。

F:そうです。その記録です。

被弁:そうですね?で、もしこの領収書とかでね、摘要、要するに
なに、何のお金かわからない時とかはどうしてたんですか。

F:あのね、わ、我々が打ち込んでるときは、たぶん横にいとって
もろて聞いてると思います。んで、わからんかったら付箋貼って、
聞くなりしとったと思います。ただ、小さな交通費やすぐわかるような
ことは、たぶん、うちのAが自分で判断してやっとったんじゃないかなと
私は思いますけど。

被弁:基本的にはちゃんと確認しながら作業は進めてるということですね。

F:そういうことです。

被弁:はい。で、あのーはい(笑)記者会見でね、あの、かなりの
記者に囲まれてたぶんあんな経験初めてやと

F:そうです。

被弁:…思いますし、んで、ま、かなり嫌な思いをされたとは
思うんですが、ま、そういうことがあって、ちょっともう、代表氏との
(聞取り不能)やめとこうという…

F:あのー、我々ね、税務署の対応はなんとでもできるんですけども。
ああいう経験言うのは無いもんで、ちょっと私のね、体に大分ダメージが
来ましてで、これは大変だ…今日も大変なんですけど、あのー大変だと
いうことで、えー、いったん報酬を請求してしまうとまたやっぱり人間の
弱みで、また継続というふうになってしまうので、私は(聞取り不能)
ですね、請求はしなくて、それ以降についての関与はお断りと
そういう形になっています。

被弁:林さんの方は先ほどお話にあったんですけど、お金は
払いますから、請求して下さいという申し出はちゃんとあったんですね。

F:ありました。

被弁:で、たとえば、お金こんだけ払うからね、ちょっとね、

F:いや金額は提示は(聞取り不能)

被弁:ああ、お金をね、たとえば、他より多めに払うからね、このデータ
隠してくれとかこれは出さんといてくれとかあの、こういうふうに
(聞取り不能)できへんかとか、そんな相談受けてますか。

F:それはない。

被弁:はい、以上です。





この証言の記録は、法廷で聞き取りしたものをできる限り
正確を心がけて書き起こしたものであり、実際の証言とは
違う場合もあります。

しかし、記録の性質上、大きく違ってしまっているなら
意味をなしませんので、そういった点がありましたら
ご指摘いただきますようよろしくお願い申し上げます。

原告代表と私は、顔見知り程度ではありますが、
この裁判には、私は直接は何のかかわりも権限も
ありません。この記録を読まれました皆さまは、
その点をご理解いただいた上、一傍聴人の記録として
扱っていただきますようにお願いいたします。

また、大変勝手ながら、この証言記録の一切を転載不可と
させていただきます。





スポンサーサイト
【2009/08/29】 裁判 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<証言内容3~広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第18回 | ホーム | 証言内容1~広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第18回 >>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/31 14:05】 | [ 編集] | page top↑
指摘ありがとうございます。
本当ですね(汗

修正しました。ありがとうございました。
【2009/08/31 16:41】 URL | sasa[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hhsasa.blog94.fc2.com/tb.php/47-8bc1ddd4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。